スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症-症状と原因
花粉症は、植物の花粉によって起こるアレルギー性の病気で、樹木や草花の花粉が飛ぶ季節に、花粉が目や鼻の粘膜に付着することが原因でアレルギー症状が現れる。花粉症のアレルギー症状を引起す原因となる植物は様々だが、その代表的なものはスギである。花粉症は、遺伝的な体質、住環境、食生活等の様々な原因が重なって起こる。

■花粉症のアレルギー症状
鼻、目、のどなど「首から上」の症状が主で、熱感や倦怠感などの全身のアレルギー症状を伴う場合もある。花粉症の主な症状は、くしゃみ、鼻水・鼻づまり、目・のど・顔や首の皮膚のかゆみ 、集中力の低下、倦怠感、熱感、イライラ等。
 
■花粉症のアレルギー症状が現れるしくみ
人間の体には、体内に侵入しようとした外敵を取り除こうとする働きが備わっていて、
例えば、鼻水で洗い流そうとしたり、くしゃみで外に吹き飛ばそうとしたりする。しかし、人によっては、ある特定の異物に進入されると、この働きが過度な状態となり
過剰な反応(アレルギー反応)を起こす。花粉症は、体に侵入した花粉を、敵と認めて反応してしまう過敏な体質(アレルギー体質)の人に起こるのである。

■花粉症と風邪の見分け方
風邪は通常、1週間程度で治るが、しかし花粉症は、原因となる花粉が飛んでいる間は症状が持続し、また、風邪の場合は、数日でねっとりした鼻汁になるが、花粉症は、さらさらした「水っぱな」の状態が継続する。その他、目のかゆみがあれば花粉症、実際に熱が出ていれば風邪の疑いが強い、という見分け方もできる。花粉症と思ったら、アレルギー外来やアレルギーの専門医の受診をお勧めする。

| 花粉症| 花粉症アレルギーTOP|
イネ科花粉
イネ科花粉に関する知識
イネ科花粉は、5月・6月から10月まで長期にわたって花粉が飛散するのが特徴。イネ科花粉についてイネ科花粉の飛散時期は、大きく二つに分けられる。イネ科花粉の1度目は主に5月・6月・7月まで、2度目は主に8月・9月・10月までの期間。前半のイネ科花粉の飛散は、主に帰化種(カモガヤ、ホソムギ等)による飛散であり、後半の飛散は、主に在来種(ヨシ、ギョウギシバ等)による飛散が中心となる。
カモガヤなどは5月〜7月が、アシやススキを中心に8〜9月が花粉の飛ぶ時期である。イネ科の花粉も風に乗って飛ぶ風媒花なので、花粉の季節になると吸い込むことが多くなる。5月の連休明けに飛びはじめ、春の衣替え、新学期の疲れなどと重なり、花粉のアレルギー症状が強く出ることがる。スギ花粉は毎日アレルギー症状が続くため、スギ花粉対策に気をつけている人が多いが、イネ科の花粉症の場合は、アレルギー症状の起こり方が多少違う。雨などで花粉が飛ばず全く症状がない時期の後に天気がよくなり乾燥し、一気に花粉が飛んで吸い込み、急に強い花粉アレルギー症状を起す時がある。また、この時期は気温が高くなり、マスクをしにくくなるので花が咲く前に刈り取ってしまうか、つぼみの状態の時に生えている場所を見つけておき、風が吹いているときは風下にいないように気をつけることが大切である。
| 花粉症の種類| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症と黄砂
最近黄砂が観測されているとのニュースが頻繁に流れているが、この黄砂は花粉症と同じ様な症状を引起すことはよく知られている。しかし4月30日付中日新聞朝刊に、「黄砂で花粉症悪化 国立環境研などマウス実験で確認」という記事が掲載されていた。記事では、「黄砂が肺に入ると花粉症や気管支ぜんそくなどのアレルギー症状が悪化するというマウス実験結果を、市瀬孝道大分県立看護科学大教授(環境毒性学)と国立環境研究所などのグループがまとめた。黄砂が呼吸器に影響を及ぼすことは指摘されていたが、黄砂とアレルギーの関連を実験で確かめたのは初めてという。」花粉アレルギーの方は、これまで異常のマスクなどの花粉症対策をすることが必要になってくる。

※黄砂とは、主に中国の乾燥地帯や黄土地帯で強風(偏西風)により吹き上げられた多量の砂塵が上空の風に運ばれ、日本で降下する現象をいう。一般的には、春季(3月〜5月)に多く見られ、濃度が濃い場合は、空が黄褐色となることもある。
| 花粉症情報| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症と遺伝
花粉症は遺伝するのだろうか。
結論からいうと、残念ながらアレルギー性の病気には遺伝が深く関わっているのが正直なところである。
つまり、花粉症も遺伝が少なからず関わっているのである。

まず、花粉症が遺伝するというよりは、アレルギー体質が遺伝することがわかっている。例えば、スギならスギに対して花粉症をもつ遺伝子が遺伝するのである。これは卵の場合もあれば、そばや魚介類などそれぞれ違ってくる。
しかし親がスギの花粉症になる遺伝子を持っていたとしても、それが子供に100%遺伝るという訳ではない。例えば、親がスギと卵のアレルギー体質だとしても、スギ花粉症は遺伝して、卵アレルギーは遺伝しないこともある。

また片親だけが持っているより、両親ともこの遺伝子を持っている方がより高い確率で遺伝し、親がスギ花粉症の遺伝子を持っていたとしても、その子供がスギ花粉症の遺伝子ではなく、気管支喘息やアトピー性皮膚炎になる危険性もあるかもしれないし、逆の場合も考えられる。どの様なアレルギー疾患を発症するかはわからない、とても複雑な問題である。
当然、アレルギー体質が遺伝しても必ず発症するわけでもない。遺伝する確立は諸説ある様だが、母親がアレルギー体質の場合の方が、遺伝する確立が高いといわれている。

もちろん花粉症などのアレルギーは遺伝だけが原因ではない。生活習慣や住環境、食生活等、様々な要素が関わっているのである。
| 花粉症| 花粉症アレルギーTOP|
[PR]プロアクティブ 無料お試し草花木果 トライアル
アテニア トライアルオルビス トライアル