スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症のレーザー治療
花粉症のレーザー治療は、近年もっとも注目を集めている花粉症の治療法で、
特に鼻づまりを改善する効果が最も期待されています。

花粉症のレーザー手術は、鼻の穴に直接レーザー光線を照射して、鼻の粘膜を
焼きます。すると、花粉が入ってきても、粘膜の過剰な反応を抑えることができ、
結果、鼻水、鼻づまり等の花粉症のアレルギー症状を抑制する効果が期待できるのです。

レーザーの照射は両鼻で20分程度で終了します。レーザーが照射されても痛みや
出血もほとんどないのですが、鼻の中は、レーザー光線に焼かれ、しばらくの間は
鼻の粘膜がかさぶたのような状態で、鼻炎や鼻づまりの症状が強くなることがあります。

しかし、2週間程度でアレルギー反応の起きにくい粘膜が再生し、それ以降は、
花粉などの抗原が入り込んできても、この粘膜上でアレルギー反応を起こすことは
なくなり、花粉症の症状がなくなるのです。

レーザー手術後はすぐに帰宅が可能で、入院の必要もなく、副作用の心配もほとんど
ありません。
理想的には2週間に1度、4〜8回照射した方が、より効果的です。

花粉症では、症状が出る前に手術した方が効果が高く、花粉の飛散が始まり、
発症してからでは、手術が受けられないこともあるので注意が必要です。

またレーザー治療は、局所(鼻の粘膜)治療なので、花粉症そのものが完治する
わけではなく、個人差があり、確実な治療法ではありません。また半年〜2年経つと
もとの粘膜に再生し、効果が薄れてくることも否めませんが、その場合、再照射を
すればほとんど大丈夫です。

この花粉症レーザー治療法は健康保険が適応になるため、両鼻で1万円前後と
お手軽になり、子供にも手術できることから、今後この治療法を選択する患者が
増えています。

レーザー治療を選択した場合、一番重要なことは安心して治療を受けられる病院を
選択することです。適切な病院を選び、最終的にレーザー治療を受けれる様、
事前の情報収集がとても重要になってきます。
| 花粉症治療| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症の治療
花粉症の予防や治療にもインフルエンザみたいに予防注射があれば便利ですね。
現在、花粉症の治療といえば注射による「減感作療法」があるが、スギ花粉エキスを長期間にわたって注射し続け、アレルギーを抑える物質を分泌させるという方法で、唯一の根本的治療法である。ただ、だいたい3年ほどかけて50回以上注射を打つ必要がある等の理由で、あまりこの治療法は広まっていない。

理化学研究所の免疫・アレルギー科学総合研究センターでは花粉症に対する減感作療法を工夫・改良し、
新ワクチンを開発。マウスを使った実験ではアレルギーを抑える物質のはたらきが活性化することが確認、
人間の血清を使った試験でも、副作用が減感作療法の50分の1に減る可能性があるとの報告もある。
約6回の注射で十分な効果があることが推測され、5年後の実用化を目指しているとのこと。
様々な花粉症(アレルギー)対策が実を結び、花粉症で苦しむ人が一人でも少なくなることを期待する。
| 花粉症治療| 花粉症アレルギーTOP|
[PR]プロアクティブ 無料お試し草花木果 トライアル
アテニア トライアルオルビス トライアル