スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -| 花粉症アレルギーTOP|
イネ科花粉
イネ科花粉に関する知識
イネ科花粉は、5月・6月から10月まで長期にわたって花粉が飛散するのが特徴。イネ科花粉についてイネ科花粉の飛散時期は、大きく二つに分けられる。イネ科花粉の1度目は主に5月・6月・7月まで、2度目は主に8月・9月・10月までの期間。前半のイネ科花粉の飛散は、主に帰化種(カモガヤ、ホソムギ等)による飛散であり、後半の飛散は、主に在来種(ヨシ、ギョウギシバ等)による飛散が中心となる。
カモガヤなどは5月〜7月が、アシやススキを中心に8〜9月が花粉の飛ぶ時期である。イネ科の花粉も風に乗って飛ぶ風媒花なので、花粉の季節になると吸い込むことが多くなる。5月の連休明けに飛びはじめ、春の衣替え、新学期の疲れなどと重なり、花粉のアレルギー症状が強く出ることがる。スギ花粉は毎日アレルギー症状が続くため、スギ花粉対策に気をつけている人が多いが、イネ科の花粉症の場合は、アレルギー症状の起こり方が多少違う。雨などで花粉が飛ばず全く症状がない時期の後に天気がよくなり乾燥し、一気に花粉が飛んで吸い込み、急に強い花粉アレルギー症状を起す時がある。また、この時期は気温が高くなり、マスクをしにくくなるので花が咲く前に刈り取ってしまうか、つぼみの状態の時に生えている場所を見つけておき、風が吹いているときは風下にいないように気をつけることが大切である。
| 花粉症の種類| 花粉症アレルギーTOP|
スポンサーサイト
| -| 花粉症アレルギーTOP|
[PR]プロアクティブ 無料お試し草花木果 トライアル
アテニア トライアルオルビス トライアル