スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -| 花粉症アレルギーTOP|
2009年花粉飛散量予測
冬が過ぎると花粉症の時期がやってきますね。
日本気象協会より2009年のスギ花粉の飛散量についての発表がありました。

花粉の予測情報というのは、夏の気象条件をもとに、平年、前年と比較した予測が発表されています。
気になる2009年(平成21年)春のスギ・ヒノキの花粉量は、北日本では前年より少なくなり、南関東より西では、前年より多いそうです。
特に、東海、近畿、中国・四国、大分県、宮崎県ではかなり多いと予測されているようです。

さらに、日本気象協会では、来春のスギ花粉の飛散量が今年に比べ、「2倍以上になる地域もある」 と予測しています。
前年夏の気温が高く、降水量が少ないほどスギの花芽が育ちやすくなるためで、今夏の暑さが厳しかった地域ほど、飛散量が多くなるとみられています。
同協会は東海、近畿、中国、四国地方と九州では「非常に多くなる」(今年の2倍)、東京、神奈川、千葉、群馬、山梨の5都県では「同じか多い」(同1.5倍)としています。
林野庁などでは、スギの花芽の生育は夏場の気候に左右されるということです。この時期に高温で日照時間が長く、降水量が少ないほど、多くの花粉ができるようです。
今年の夏は平年と比べて全国的に気温が高く、降水量も少なめでした。気象庁のデータでは、関東甲信地方で平年に比べ0.4度、東海地方で0.6度、中国、四国地方で0.7度など、各地で平年を上回りました。降水量も、関東甲信地方は平年並みでしたが、近畿、四国地方などの西日本では平年の5〜8割程度でした。
気象庁の予測では今年は暖冬のようです。暖かい日が続けば、花粉の飛散時期も早まる可能性が出てきます。
花粉症対策ははやめの準備が重要です。花粉症対策の薬やサプリメントなどを効果的に利用しましょう。
| 花粉症情報| 花粉症アレルギーTOP|
スポンサーサイト
| -| 花粉症アレルギーTOP|
[PR]プロアクティブ 無料お試し草花木果 トライアル
アテニア トライアルオルビス トライアル