スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症対策と肌
花粉症の季節には目、鼻だけではなく肌もまた多くのトラブルを起こします。

花粉症の時期は空気が乾燥し、紫外線も強くなってきています。
そこへ花粉の刺激が加わることで顔がかゆくなったり、部分的に肌荒れを起こしたりするのです。
花粉症の薬には皮脂量を増やす作用があるため、ニキビが悪化することもあります。

皮膚はもともとバリア機能を備え持ち、外からの刺激をまともに受けないようになっています。
バリア機能が高い健康な肌には花粉の異種タンパクは侵入することはできません。
しかしバリア機能の低下している肌は、乾燥が進み、肌表面の角質がどんどんめくれあがってきます。
その部分から異種タンパクが侵入し炎症を起こすのです。
バリア機能が低下している肌は刺激に弱い肌になるということです。

肌のバリア機能は目をこすったり鼻を繰り返しかんだりすることによる摩擦刺激や、その他日常の間違った手入れの方法など、さまざまな原因によって起こります。
手やティッシュの摩擦刺激に十分注意し、毎日正しいスキンケアを行うことで花粉症による肌トラブルは抑えることができます。

花粉症による肌のトラブルはほとんどが顔と首に集中して起こります。
それは顔や首が衣類に覆われずに露出しているため、花粉が直接付着してしまうからです。
外出時にはできるだけ肌を覆うように心がけることも必要です。

花粉症の薬によるニキビの悪化が気になる場合には薬剤師などに相談することです。

そして十分な睡眠とバランスのよい食事をとり、ストレスを貯めない生活を送ることが粉症の季節には特に大切です。
JUGEMテーマ:健康


| 花粉症の予防| 花粉症アレルギーTOP|
スポンサーサイト
| -| 花粉症アレルギーTOP|
[PR]プロアクティブ 無料お試し草花木果 トライアル
アテニア トライアルオルビス トライアル