スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症アレルギーの原因
花粉症の患者は約30年で国民の10人に1人に増加。その花粉症激増の原因は、はっきり解明されていない。そもそも花粉症アレルギーの原因とは、特定しにくいものなのだが、
様々な研究・観察の中で現在、以下のようなことが考えられており、いずれも高度成長期以降、日本人の生活が劇的に変化したことから起こっている。

・アレルギー体質への変化
アトピーの子供、アレルギー体質の方が激増している。生活習慣やとりまく環境により、日本人の体質そのものが変化し始めていると指摘されており、一説では、日本人のからだの中に寄生虫がいなくなり、抗原抗体反応(アレルギー)が花粉などで起きやすくなったという説もある。しかし今のところ、はっきりとしたアレルギーの原因は解明されていません。

・食生活の変化
美食や欧米的な食生活への変化により、肉などのたんぱく質の摂取が多くなると、異物への反応が過敏になる(=アレルギー体質になりやすい)と考えられている。また、インスタント製品やスナック類、ファーストフードなどが増え、食品添加物を子供の頃からとり続けていることも、こうした体質変化の原因としてあげることができる。

・住居の変化
特に都市部では、マンションなどの気密性の高い住宅が多く、そうした住居でダニ(ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニなど)が増えると、ダニの死骸・フンが室内に大量に蓄積、アレルギーの直接原因(アレルゲン)となる。実際、小児喘息の9割がダニ、ダニの死骸・フンが原因です。こうしてアレルギー体質となっている場合、同時に花粉にも過敏になりやすくなる。

・「土」から「アスファルト」
特に都会の道路は今「土」のところを探す方が難しい程、ほぼ完全にアスファルトで舗装
されており、もし花粉が飛んで来た場合、湿ってデコボコした土ならば、そこに落ちれば再び舞い上がりにくいのですが、しかしアスファルトでは、一度落下した花粉でも
風や上昇気流で、また舞い上がるのです。すると空気中に飛んでいる時間が長くなり、その分、花粉が人に吸われる機会も多くなり花粉症患者が増加するという訳である。


・公害によりスギや粘膜・抗体も変化している
花粉症はスギ林の近くより、ビルの立ち並ぶ街中での方が発症率が高い。これは公害、特にディーゼル排出微粒子が関係していると考えられており、花粉が街中を飛んでいるうちに、空気中のダスト(ディーゼル排出微粒子)によって傷がつき、中のアレルゲン(アレルギー原因物質)が出やすい状態に変化、つまり、よりアレルギーを起こしやすい花粉に変化するのである。 また、人間の鼻の粘膜や肺が、ディーゼル排出微粒子で痛めつけられているという場合も少なくない。ディーゼル排出微粒子とは、約1ミクロン以下の、非常に細かい活性炭で、これは鼻の粘膜はもちろん、普通は異物が入ることのない肺胞にまで入って害を及ぼす。更に、花粉症を起こすのに関わっているIgE抗体が、アレルゲンと
ディーゼル排出微粒子を一緒に吸い込むと、効率よくIgE抗体ができることが確認されている。
| 花粉症| 花粉症アレルギーTOP|
スポンサーサイト
| -| 花粉症アレルギーTOP|
[PR]プロアクティブ 無料お試し草花木果 トライアル
アテニア トライアルオルビス トライアル