スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症の治療
花粉症の予防や治療にもインフルエンザみたいに予防注射があれば便利ですね。
現在、花粉症の治療といえば注射による「減感作療法」があるが、スギ花粉エキスを長期間にわたって注射し続け、アレルギーを抑える物質を分泌させるという方法で、唯一の根本的治療法である。ただ、だいたい3年ほどかけて50回以上注射を打つ必要がある等の理由で、あまりこの治療法は広まっていない。

理化学研究所の免疫・アレルギー科学総合研究センターでは花粉症に対する減感作療法を工夫・改良し、
新ワクチンを開発。マウスを使った実験ではアレルギーを抑える物質のはたらきが活性化することが確認、
人間の血清を使った試験でも、副作用が減感作療法の50分の1に減る可能性があるとの報告もある。
約6回の注射で十分な効果があることが推測され、5年後の実用化を目指しているとのこと。
様々な花粉症(アレルギー)対策が実を結び、花粉症で苦しむ人が一人でも少なくなることを期待する。
| 花粉症治療| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症とヨーグルト
花粉症にヨーグルトが効くと近年注目されている。花粉症の方の中には既に試されている方もいるかもしれないが、ヨーグルトは健康食品として有名だが、ある人気健康系番組で、乳酸菌(善玉菌)の働きにより腸内細菌のバランスが整える(腸の粘膜を強くする)ことで花粉症の症状を緩和されることが広く知られ、近年花粉症対策としてヨーグルトを利用する人が増加しているのである。ヨーグルトには非常に強力なアレルギー抑制作用を持っている物質メチル化カテキンを多く含有し、烏龍茶よりも発酵度が低く焙煎が浅い凍頂鳥龍茶よりも良い効果があると言われている。また、ヨーグルトで腸内環境を改善させれば花粉症の原因となるIgE抗体を抑制することが出来るとされている。このためには一日200gを目安にヨーグルトを食べる必要があるとされている。また、ヨーグルトには花粉症だけでなく、腸内環境を整えるので大腸ガンにも効果があることで有名である。ヨーグルトは牛乳に乳酸菌(ビフィズス菌、ブルガリア菌、アシドフィルス菌、サーモフィルス菌、ヤクルト菌など)を入れて発酵させた乳製品であり、6千年前のエジプトで、飲み残した乳に偶然菌が入り込み、それを発見した古代人が飲んだことに始まりをもつ健康食品である。
| 花粉症の予防| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症アレルギーの原因
花粉症の患者は約30年で国民の10人に1人に増加。その花粉症激増の原因は、はっきり解明されていない。そもそも花粉症アレルギーの原因とは、特定しにくいものなのだが、
様々な研究・観察の中で現在、以下のようなことが考えられており、いずれも高度成長期以降、日本人の生活が劇的に変化したことから起こっている。

・アレルギー体質への変化
アトピーの子供、アレルギー体質の方が激増している。生活習慣やとりまく環境により、日本人の体質そのものが変化し始めていると指摘されており、一説では、日本人のからだの中に寄生虫がいなくなり、抗原抗体反応(アレルギー)が花粉などで起きやすくなったという説もある。しかし今のところ、はっきりとしたアレルギーの原因は解明されていません。

・食生活の変化
美食や欧米的な食生活への変化により、肉などのたんぱく質の摂取が多くなると、異物への反応が過敏になる(=アレルギー体質になりやすい)と考えられている。また、インスタント製品やスナック類、ファーストフードなどが増え、食品添加物を子供の頃からとり続けていることも、こうした体質変化の原因としてあげることができる。

・住居の変化
特に都市部では、マンションなどの気密性の高い住宅が多く、そうした住居でダニ(ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニなど)が増えると、ダニの死骸・フンが室内に大量に蓄積、アレルギーの直接原因(アレルゲン)となる。実際、小児喘息の9割がダニ、ダニの死骸・フンが原因です。こうしてアレルギー体質となっている場合、同時に花粉にも過敏になりやすくなる。

・「土」から「アスファルト」
特に都会の道路は今「土」のところを探す方が難しい程、ほぼ完全にアスファルトで舗装
されており、もし花粉が飛んで来た場合、湿ってデコボコした土ならば、そこに落ちれば再び舞い上がりにくいのですが、しかしアスファルトでは、一度落下した花粉でも
風や上昇気流で、また舞い上がるのです。すると空気中に飛んでいる時間が長くなり、その分、花粉が人に吸われる機会も多くなり花粉症患者が増加するという訳である。


・公害によりスギや粘膜・抗体も変化している
花粉症はスギ林の近くより、ビルの立ち並ぶ街中での方が発症率が高い。これは公害、特にディーゼル排出微粒子が関係していると考えられており、花粉が街中を飛んでいるうちに、空気中のダスト(ディーゼル排出微粒子)によって傷がつき、中のアレルゲン(アレルギー原因物質)が出やすい状態に変化、つまり、よりアレルギーを起こしやすい花粉に変化するのである。 また、人間の鼻の粘膜や肺が、ディーゼル排出微粒子で痛めつけられているという場合も少なくない。ディーゼル排出微粒子とは、約1ミクロン以下の、非常に細かい活性炭で、これは鼻の粘膜はもちろん、普通は異物が入ることのない肺胞にまで入って害を及ぼす。更に、花粉症を起こすのに関わっているIgE抗体が、アレルゲンと
ディーゼル排出微粒子を一緒に吸い込むと、効率よくIgE抗体ができることが確認されている。
| 花粉症| 花粉症アレルギーTOP|
花粉症の原因植物
花粉症の原因は日本ではスギ花粉症が最も多い原因植物である。花粉症患者の約8割がスギ花粉が原因の花粉症だといわれている。しかし、日本では約50種類以上の花粉症の原因植物が確認されている。スギ花粉症だと思っていたら実は、違う植物が原因の花粉症だった、ということもの可能性としては十分ある。

花粉症の原因植物
ブタクサ花粉症・イチョウ花粉症・スギ花粉症・イネ科花粉症・バラ花粉症・カモガヤ花粉症・リンゴ花粉症・イタリアンライグラス花粉症・アカシア花粉症・カナムグラ花粉症・イエローサルタン花粉症・ヨモギ花粉症・ヤナギ花粉症・イネ花粉喘息・ウメ花粉症・コナラ属花粉症・ヤマモモ花粉症・シラカンバ花粉症・ナシ花粉症・テンサイ花粉症・コスモス花粉症・ハンノキ花粉喘息・ピーマン花粉症・キョウチクトウ花粉喘息・ブドウ花粉症・スズメノテッポウ花粉症・クリ花粉症・ケンタッキー31フェスタ花粉喘息・コウヤマキ花粉症・ヒメガマ花粉症・スズメノカタビラ花粉症・ハルジオン花粉症・サクランボ花粉症・イチゴ花粉症・サクラ花粉症・ヒメスイバギシギシ花粉症・ナデシコ花粉症・キク花粉症・アフリカキンセンカ花粉症・除虫菊花粉症・オオバヤシャブシ花粉症・クロマツ花粉症・ツバキ花粉症・アカマツ花粉症・スターチス花粉症・カラムシ花粉喘息・アブラナ属花粉症・ケヤキ花粉症・グロリオサ花粉症・クルミ花粉症・ミカン科花粉症・タンポポアレルギー・ネズ花粉症・モモ花粉症・ウイキョウ属花粉症・セイタカアキノキリンソウ花粉症・オリーブ花粉症・イチイ花粉症・オオバコ属花粉症・マキ属花粉症

日本ではこれほど花粉症の原因植物が報告されている。住んでいる地域にこれらの花粉症の原因となる植物があるかどうか、そういった地道な調査も花粉症予防対策のひとつなのである。
| 花粉症の種類| 花粉症アレルギーTOP|
[PR]プロアクティブ 無料お試し草花木果 トライアル
アテニア トライアルオルビス トライアル